Hanairori 創作・制作blog 

京都アートフェスタ artDive 2014 レポ

遠征第二弾!一泊二日で京都に行ってきました。
京都アートダイブとは、若手アーティストによる作品展示・販売・ワークショップ等が行われるイベント。
京都最大のイベントホールである京都市勧業館『みやこめっせ』にて2009年から開催されています。出展代表者は39歳以下でないといけないなんて条件もあったりします。
運営がヨコハマハンドメイドマルシェも手がけているとこなので、出展ガイドとか会場作りとか共通の雰囲気があって馴染みやすかったです。

サイトのレポートより少々突っ込んだレポをしようかな。
お天気良くて同条件な二日間でしたが、土曜の方がお客さん多い感じでした。自分だけなのかもしれないけど、とても土日で差があって驚いた。土曜にお話してくれた方が日曜も来てくださってお買い上げ、なんてのもありました。
立ち止まる方の第一声が『すごい!』『きれい!』率が非常に高くて嬉しかったです。

年配のおじさまが話しかけてくださる率も割と高かった。
何というか、可愛らしい絵ってジャンルではなく技巧とかテクニック寄りの作風でもあるのかな、レース絵と銘打ってはいるけど男性も近寄りやすいブースになってたかもしれません。若いお兄さんがチェスのポストカードお買い上げくださったりとか。
ふりふり!あまあま!な部分はモノトーンだから抑えられているのかも。老若男女問わず惹き付けられる作品作りが出来ているのだとしたら、目標としているものの一部は達成出来ていると言っていいと思いました。

名古屋はコミック系のイベントだったので比べるのもあれだけど、人気ランキングがガラッと入れ替わってる感じで面白かったです。今回は、チェスと猫が人気でした。猫は特に遊び心といった面が強い作品なので、楽しんで見てもらえたらいいな。

今回の実演はこんな感じ!
20141027_4.jpg
テーマとしては季節外れも甚だしいんですが、京都だし和風だし平安貴族みたいなもんだしマッチしていましたね。

展示会とかやらないの?は今回も聞かれたな~嬉しい。やってもいいのかなって天狗になっちゃう(笑)そもそも本格的に描き始めたの去年のこの時期からで、軌道に乗り始めたのが今年の春。作品数が30点超えたら見栄えある個展になりそうかな?夢は膨らみますね。

次はデザフェス!まだまだ描きます!

スポンサーサイト

PageTop

ザフィリア制作過程

制作過程

HAUNESTED
クオタリシア大陸創世神の一人
ザフィリア-Zafiria-

第九の街・青玉郷(セイギョクゴウ)
守護宝玉・サファイア
守護副玉・なし

神具・青玉杖

統治・長月/申年/乙女座

■続きから制作過程です■




続きを読む

PageTop

名古屋コミティア45レポ

創作ジャンル初の地方遠征!去る10月5日、行ってまいりました。
誕生日三日後っていうのもあり、何だか清々しいスタートみたいな感じ。
ただ…… 雨!!むしろ台風!!!会場入りする時は収まっていたけど、やっぱり雨って客足に多少影響あるかなって思うので出来れば晴れて欲しかった。

それでも新幹線で来たからには楽しんで帰るぞと気合を入れて。
当日のスペースはこんな感じでした。C-9は島の端っこなので出入り楽でよかった。
20141005a.jpg

レース絵の原画は鳥・猫・リボン・チェスを持参。複製原画とポストカード、シールをご用意。あと既刊。
思ったより沢山の方に足を止めて頂いて、色々話しかけてもらったりとても楽しい時間を過ごせました。

300ちょいのサークル数なので私も回りまくって満喫しました。東京からの委託コーナーあるの良いですね。見たこと無いサークルさんの素敵な本があったからまだまだ開拓し切れてないな。
東京の過去の見本誌コーナー、今は商業で活躍してる方の見つけてテンション上がった。欲しかったけど本自体が2013年のだしもう手に入らないだろうなあ…。

名古屋の今回の新刊見本誌コーナーも入り浸り、面白い本見つけて即買いに行く醍醐味。東京は冊数多くてテーブルの上がカオスなので、読みやすくてよかった。

コミティアといえばただのカタログではない、ティアズマガジンがあるのですがこれも楽しみの一つ。なかなか分厚くて素晴らしい。なんだか温かな雰囲気のあるティアマガだったなあ。
東海三県以外の都道府県からの参加者はサークル名載るんですね(笑)ちょっと嬉しい。
アンケートも期日までに送らなくては。また参加したいなあ。

続きからはアフターのペンギンカフェの様子を。




続きを読む

PageTop