Hanairori 創作・制作blog 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

箱根旅行で意欲を刺激

ちょっと遅めの夏休み、との事で二泊三日で箱根に行ってきました。
9月12日~14日の中にこれでもかと詰め込んで。
行ってみたい美術館などが山ほどあったのでかなり強行スケジュールでした。
神奈川県生まれだというのに魅力を知ったのはかなり最近。
横浜山手地方の洋館めぐり、鎌倉地方の古都めぐりに続きまして、箱根は芸術と温泉めぐりが出来るんだな~としみじみ。

簡単にそれぞれの日で行った場所リスト

12日(木)
箱根ガラスの森美術館
箱根ラリック美術館
箱根湿生花園

13日(金)
箱根武士の里美術館
星の王子様ミュージアム
村田アンティーク美術館

14日(土)
箱根登山鉄道&ケーブルカー
ロープウェイ
海賊船
箱根神社

創作に関連するブログなので、続きからは創作意欲を刺激させられた部分についてちょっと詳しく!
写真も一部ご紹介しますー




■箱根ガラスの森美術館
ガラスの森
ヴェネチアングラスを中心とした美術館。水の都の美しい庭園を散策できるのも醍醐味。
ミュージアムショップが圧巻過ぎてここも展示博物館的な規模なのではないかって程でした。
ガラス細工、特にゴブレットなどの杯やお皿などがとても好きなので、素晴らしかったです!
寄木細工とガラスの融合、のような作品もあってさすが箱根だなと。
企画展であるモザイク美の世界、での展示物でしたがガラスでも木材でも通じるところがあるんですね。

■箱根ラリック美術館
ラリック
写真は、特別展示のオリエント急行。
アガサ・クリスティの映画化もされた作品であるオリエント急行殺人事件をご存知の方も多いのでは。
実際に現役で活躍していた列車がこのラリック美術館に運ばれて来たとのこと。映画に使われたものとは姉妹列車なんだとか。
特別に直しとか施されていなくてそのままなんだそうです。この美術品そのものの列車に乗ってティータイムを楽しめるんですよ~!
電球のかさや、男女や葡萄が彫られたガラスのパネルがルネ・ラリックのデザインなのです。

■箱根湿生花園
いわゆる植物園ですが、湿原を中心としたものは日本初の場所なんだそう。
平日で時間ギリギリに行ったのでほぼ貸切状態になってました。
花の盛りは外れているとはいえ景色がとても良くて、澄んだ空気の中で望む高い山がそびえる光景は言葉に出来ない感動を覚えたくらい。
池には真っ黒な鯉に混じって一匹だけナマズがいてびっくりしましたね(笑)

■箱根武士の里美術館
絵の参考資料になるかなと不純な目的で行ってきました!
刀剣、槍、鉄砲、弓矢、武士に欠かせない道具が所狭しと並べられています。
もちろんメインである甲冑も。折りたたんでコンパクトに出来る種類のものもあるんですね~
そして、鎧っておしゃれなんだなあと思いました。紐の色とかデザインだとか。
死に装束でもあると同時に、自己顕示欲の表れだったという一文に納得しました。
能面や茶道具、印籠の展示もありましたが、一番惹かれたのは蒔絵の描かれた櫛でした。

■星の王子様ミュージアム
星
まずは渡されたパンフレットが可愛すぎる!折り畳むと薔薇の形になるのですよー
サン=テグジュペリの生涯を知れる展示でもありました。
波乱万丈すぎる人生で、星の王子様の成功を知らないまま空に飛び立って行方知れず、だなんて。
幼い頃に読んだきりで今ではほとんど内容を覚えていないのですが、また改めて読んでみようと思います。
外観がとても可愛らしく、トイレが端からじゃ分からないくらい素敵でしたね。

■村田アンティーク美術館
むらた
強羅にあるマイセンの美術館と姉妹関係にある美術館。ここも時間ギリギリで貸切風味。
マイセンやノリタケ、外国のアンティークな器ものを中心に展示。食器大好きなので眼福。
ウェッジウッドも素敵でした。小さい美術館ですが濃く詰まってる感じで。
天気がいいので庭園でカフェタイム。なんと現代マイセンの食器で出して下さるのです。
ケーキ皿と、コーヒーカップティーカップがマイセンのもの。波打つデザインが軽やか!

■海賊船
ふね
電車とロープウェイを乗り継いで、船で元箱根港まで。
デザインが二種類あって、行き帰りでどちらも乗ることが出来ました!
船はいいですね。描けるようになりたい。




そんなわけで創作意欲を刺激させられる旅でもありました。
連休中にこのたぎる想いを紙にぶつけようと思っています。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。