Hanairori 創作・制作blog 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デザインフェスタVol.35 一般レポ

5/12・13開催のデザフェス、昨日のみですが行ってきました。
2008年・2009年と4回出展経験があるのですが、しばらく制作お休みしたりで…
2012年後期に出展再開すべく勉強も兼ねて見て回りましたよー!

事前に見たいブースのチェックはしていたものの、膨大すぎて頭パンクしたので、
普段通り『行き当たりばったりで気になる場所で足を止める』という戦法に(笑)
順番としては A→B→C→アトリウム→4F明るいブース→G という感じ。
一番見たい雑貨・アクセ系がABCに固まっているので道なりに。
アトリウムは連れの要望で休憩がてら。最後にイラスト系ブースに。
ディスプレイ凝ってるなーとか、学ぶ部分が多々ありました。メモがてら続きから。

☆イラストの場合は、自信作を一枚ないし数枚大きいポスターにでもして後ろに掲示すべき
…自分の用に、さっさかブースを歩いてという戦法の人には助かるかもなーと思った。
 一目で傾向が分かるし、「あの絵のポスカとかあるかも。欲しい」って思えるし。
 ライブペイント込みなら更に集客UP出来そう。

☆立体を意識する。空間を無駄にしない
…定番ではありますけども。基本のMブースって1.8m四方なんですよね。
 横と奥行き、全てを活かせてるブースは意外と少ないです。
 通路とカウンターみたいになってたり、壁を駆使したり高さを出したり。
 ただ机ばーんって置くだけなら正直Sブース(奥行き半分)で事足りるものね。4Fになるけど

☆全体の統一感と雰囲気を壊さない工夫
…まとまりがあるのって安心するじゃないですか、作品傾向も分かりやすいし。
 色んな種類の手工芸扱っていても、自分の作品って分かるシルシがあるのは良いなあと。
 元が白い100均の棚をショッキングピンクに塗装してる方もいましたね。
 革とかアンティークな商品扱うブースで、木の棚やタンス持ち込んで引き出し利用したり…
 車持ってないからそこまでは難しいけど、徹底的なこだわりは尊敬に値しますね。

大きい部分はこんな感じでしょうか。ちょっと制作頑張ろう…!
購入しなくても、名刺だけは頂いてきたのでサイト巡りしてきます。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。