Hanairori 創作・制作blog 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リュビシン制作過程

制作過程

HAUNESTED
クオタリシア大陸創世神の一人
リュビシン-Rubisin-

第七の街・紅玉郷(コウギョクゴウ)
守護宝玉・ルビー
守護副玉・カーネリアン

神具・紅玉槍

統治・文月/午年/獅子座

■続きから制作過程です■


ru1.jpg
肌はピンク系の明るいカラー。影も主の肌色に近い淡いオレンジで。
輪郭は茶ペンで強調。
肩甲骨塗るのが楽しかったです(笑)

ru2.jpg
大きい瞳はどこか悪戯っぽい。愛嬌のある表情をする神様だと思います。

ru3.jpg
髪色も同系統。ふんわりウェーブのポニーテール!
衣装のリボンはブルーの影の上からイエローで塗って馴染ませます。

ru4.jpg
装飾品を塗り進め、アウトラインを軽く取っておく。
イエロー系統とレッド系統のバランスを考えつつどこに何色を置くか決めます。

ru5.jpg
光沢表現って難しい。
衣装は金属光沢な部分とビニル素材的な光沢を想定しているけど、塗り方あまり変えてないから違いが分からないですね。

ru6.jpg
槍は確実に金属。
少女がゴツい武器持ってるのって何だかそそられますよね。はい。完成です!

見た目は子供だけど夏季の神様のリーダーポジションなので結構切れ者だったりします。
冬季はグルナカルス、春季はアディマンテなんですが主人公の生まれやら育ちやら全くその辺考えていた訳じゃないので自分でも偶然怖い。
秋季のオパルサスも描けたら四すくみ並べてみたいです。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。